発売中のモーニング(講談社)46号に山岸凉子先生の最新作、祝山岸作品電書解禁記念読み切り「ドラゴンメイド」が掲載されています。

なお、週刊Dモーニング第46号にも掲載されております。無料版でも読めます。


モーニング 2021年46号 [2021年10月14日発売] [雑誌]
埼玉県立近代美術館にて、企画展「美男におわす」が開催されております。
山岸涼子先生は「日出処の天子」から《孔雀明王の王子》を出展されております。
1984年Lala6月号に初出掲載の「日出処の天子」のカラー表紙です。

なお、山岸凉子先生の出展は前期のみの9月23日から10月10日までとなります。

会   場 〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1 Tel: 048-824-0111
会   期 2021年9月23日(木・祝)~11月3日(日・祝)
開館 時間 午前10時~午後5時30分 (展示室への入場は17:00まで)
      ※会期中、一部作品の展示替えがあります。
      前期:10月10日(日)まで 山岸先生の出展は前期のみ
      後期:10月12日(火)から
休 館 日 月曜日
料   金 一般1200円(960円)、大高生960円(770円)
      ※( ) 内は20名以上の団体料金。各種割引あり 

『ガロ』にて作品を発表していた漫画家楠勝平(くすのきしょうへい)の掌編を山岸凉子先生がセレクトした選集が発売されました。

巻末にて山岸凉子先生の編者解説が掲載されています。
 2021年9月4日発売諸星大二郎 デビュー50周年記念 トリビュート(河出書房新社刊)に山岸凉子先生が『暗黒神話』トリビュート漫画を寄稿しております。

 また、同誌掲載の高橋留美子先生のトリビュート漫画に漫画家萩尾望都先生とともにカメオ出演されております。さらに、高橋葉介先生のトリビュート漫画には「山岸涼一(さんずい)という少年キャラクターが登場しております。

諸星大二郎 デビュー50周年記念 トリビュート
 2021年7月14日発売総特集 大和和紀 デビュー55周年記念 (文藝別冊)ムック(河出書房新社刊) にて、大和和紀先生、青池保子先生、山岸凉子先生との豪華鼎談が掲載されています。


 総特集 大和和紀 デビュー55周年記念 (文藝別冊)
2021年6月25日発行芸術新潮7月号特集「聖徳太子」に山岸凉子先生の「日出処の天子」の記事が掲載されています。

作家坂本葵さんによる「未来からの使者、厩戸皇子-「日出処の天子」を読む」

芸術新潮 2021年 7月号
 2月4日発売の「だからここにいる-自分を生きる女たち (幻冬舎文庫)」に山岸凉子先生のインタビューが掲載されています。

だからここにいる 自分を生きる女たち (幻冬舎文庫)
2020年12月23日「レべレーション-啓示-」第6巻完結巻が講談社より発売されました。
 発売中のモーニング(講談社)48号に山岸凉子先生の「レべレーション-啓示-」第36回最終回が掲載されています。完結記念特別対談海野つなみ×山岸凉子も載っております。

 なお、週刊Dモーニングには掲載されておりません。お気きをつけください。

 第6巻は12月23日発売予定!海野つなみ先生との対談の完全版を収録予定です。


モーニング 2020年48号 [2020年10月29日発売] [雑誌]
 筑摩書房より悪の愉しみ 現代マンガ選集 (ちくま文庫) が発売されました。

 短編アンソロジーで山岸凉子先生のグール(1979年ペーパームーン18号少女漫画・夏の夜の夢 初出)が掲載されております。

悪の愉しみ 現代マンガ選集 (ちくま文庫)

月別 アーカイブ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261